作成者別アーカイブ: webmaster

お久しぶりです…。

IMG_1308っs
なかなか更新できていなくて覗いてくださっている方、申し訳ありません。

あちらに肩入れする..そんな気持ちはなくても、ついついスマートフォンで気軽に更新できる
インスタグラムにたよりがちです。
instagram は水彩とカリグラフィー専用のアカウントを設けましたので
こちらも合わせてブログ代わりにご覧いただけると助かります。
@suisaicircle
なにしろ2分もあれば更新できるので楽チンなのです。

あっという間に秋が深まり
お茶の美味しい季節の到来!!  嬉しいな。
お仕事でいうと
もう一ヶ月以上も前から一人クリスマスモードで
クリスマスの教材など作っています。
一年でいうと三分の一くらいはクリスマスモードかも、、、、!
そんな訳で時の流れが速い今日この頃、なんとなく
絵や文字を書く時の心境が変わってきました。
うまく言えないのですが、自由に気負いなく描ける感じ。
年齢とともに色々なこと考えなくなったからだと思います。
好きなものや好きな色もあいあかわらず多義に渡りますが
安定して同じものが好きです。今日は撮影大会を一人やりましたが
登場する小物が毎回同じもので自分でも呆れるほど。
ご覧いただくのにちょっと忍びない感じもするのですが
代わり映えせず同じようなものが好きです。
あまり豪華なものや次々新しいものは登場いたしません。笑。

私が死んだらこんなようなものを棺桶に入れてもらえると
きっと大満足なんどろうと一人思いながらを撮影終えた
少し汗ばむ秋の夕暮れでした。

茶・茶・茶

づっと楽しみにしていた第1回目のお茶のクラスが
終わりました。暑い中お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。
以前からずっとお待ちいただいていた方々にも
お越しいただき新しいスペースでのとってもうれしい再スタートとなりました。

当日はとっても美味しい桃をこの季節を惜しんで
桃のデザートを、深い甘い香りの広東省のお茶と最後に合わせてみました。
これまでの思いと、この季節ならではのあれもこれもを
欲張って取り入れたくてお茶のチョイスもお菓子にも頭を悩ませましたが、
実際は日々見かける草花市場に並ぶ旬のお野菜や果物の色艶を眺めていると
自ずと答えはやってくることがよくわかりました。
と、そんな当たり前で自然なことを
改めて思い出させてくれるお茶の時間を組み立てる作業が
本当に素敵なことに思えるのでした。
これからも毎月、お茶の時間を続けます。
少しづつ日も長くなり、お茶の似合う季節がやってきます。
お時間合いましたら是非一度!
毎月第二土曜日、
来月は9月9日 10:30~12:30 を予定しております。
こちらのページからお申し込み、お問い合わせ、くださいませ。
週末のクラス、出張クラスなども
上記 ↑↑↑ リンクにご相談くださいませ。

みなさんがお帰りになった後、
今日はなんであんなに人が来たんや…..!とぐり夫がご機嫌斜めで
帰ってきました。あんまり目も合わしてくれず
触らせてもくれず、むくれて
ご飯をガツガツ食べていました。
ごめんね、ぐり夫。でも来月もね….よろしくね〜!
IMG_0786ss
なんやねん….。とでも言いたげな、ぐり夫。
IMG_0842ss
働いてくれた茶器。

IMG_0912ss
石榴の実。 自然界はもう秋に。
pojyagisp
洗い物を済ませたらもう真っ暗に、
急に静かで寂しいな。
kitishi1ではまた来月!

 

フィールドノート 9月9日のワークショップ

IMG_7652ssss
sept9-1
IMG_7696sssNovWS34

まだ秋のことを思うには暑すぎる毎日ですが
2回のシリーズで9月と12月に
中之島の朝日カルチャーセンターにて
水彩画のワークショップを行います。

9月9日は
”フィールドノート”ー季節の記録ーと題して
秋の鮮やかな植物を水彩画で描く
ワークショップです。
秋を感じさせる紅葉した葉や赤い実を
描きます。好きなモチーフを選んで組み合わせて描きます。

2017年 9月9日 土曜 13:00-15:00
詳しくはこちらのページでご覧いただけます。

同じく12月2日はクリスマスカードを水彩画で仕上げます。
シンプルなクリスマスカードを鮮やかな
水彩絵の具で伸びやかに描きます。
こちらの時間帯はまだ決定しておりませんが
決まり次第こちらにてお知らせさせていただきます。

9月の回はもうお申し込みが始まっておりますので
こちらからお申し込みいただけます。
実際に入手できる植物もお持ちできたらと思っています。
どうぞお楽しみに!

お茶の教室  TEA AND STORY

IMG_4941mini
TEA AND STORY
とタイトルもリニューアルして

以前から不定期で様々なロケーションで行っていた
月一回のお茶のクラスを自宅のアトリエで行う運びになりました。
中国茶を改めてゆっくりいただいた時の感動を忘れられないまま
今日まで紆余曲折あり…..お待ちいただいていた方には大変遅くなりましたが
ゆっくりと始動いたします!

開始当初は中国と台湾のお茶を中心にご紹介するクラスでしたが
カナダとアメリカ時代に出会った色々な国の人達のも暖かく
とびきりの食事やお茶の時間で思い出しても胸が熱くなるものばかりで
無論、甲乙など付け難くこれからは和洋中問わず色々な国のお茶とお菓子の時間を
ご紹介できたらと考えています。

日々のお茶こそ特別な時間に…..!
毎日のお茶ヒントをこのクラスで見つけていただけたら
そんな嬉しいことはありません。日常の慌ただしさをしばし忘れ
お茶が私達に教えてくれる静かな物語に心傾ける静かな時間。
お茶のお作法から

ゆっくりとお茶とお菓子を楽しみたい方まで
色々な方に幅広くお楽しみいただけるクラスにしたいと思っています。

第一回目は8月5日、暑い最中、おもてなしにも役立たせていただけるような
アジアのフルーツの香りを効かせたいスパークリングアイスティーと
福建省の伝統製法で作られたコクのある紅茶、
そしてトロピカルな風味を効かせた季節のお菓子を。
アジアの今を感じさせるようなアイスティーと
伝統的な中国の紅茶と!その対比をお楽しみいただければと思います。
お茶、お菓子、クラスの内容は季節を追って月替わりになります。

今回はお茶のクラスは再開第一回目となります
以降のクラスへのお申し込み方法、日程などは、
今回ご出席いただく方々、またクラスの詳細にご興味
お持ちの方々にメール、あるいは郵送にて詳細をお知らせ致しますので
まずこちら(受信用アドレスのため文字数に限りがあります)
返信用メールアドレスとお名前をお送りください
詳細情報と新たにメールアドレスをこちらより
お送りいたします。

場所は堺市の自宅アトリエになります。
交通アクセスも合わせてご案内いたしますが
車でお越しの方々には自宅から歩いて1分足らずの
有料駐車場をご案内させていただいております
皆様のお越しをお待ちして居りますね。

………………………………………………………..

TEA AND STORY

Class in August 2017
8.5 sat. 10:00 – 12:00
堺市の自宅アトリエにて
場所の詳細は追ってお知らせいたします。

 

  • フルーツの香りを効かせたいスパークリングアイスティー
  • 福建省の伝統製法で作られたコクのある紅茶
  • アジアのスゥーツ
  • 参加費 3,300円 

    お申し込み・お問い合わせ
    メール info*yasuehatta.com (*を@に変えてください
     
    …………………………………………………………..

 

この季節に!

bberry bb kiiiiwis
jaaaaam
長い間更新怠っておりました。何度か覗いてくださった方、ごめんなさなさい。

もしよろしければインスタグラムの方でお付き合いくださいませ。
もう少しマメに更新しております!

この季節周りでも体調を崩している方なども
多いのですがみなさんいかがお過ごしでしょうか?
私も人並みに色々ありますが、
何事も深刻に大げさに考えず、
与えられた運命(与えてもらえているだけでも幸せですものね。)
をいかに最大限に楽しむかをモットーに生きています。
人間の生きる目的は大義名分よりもシンプルに
幸せになること。だって思いますから。

で、ある夜幸せになりたい!(笑)と長い間作っていなかった。
ジャム作りに挑戦。
カナダにいる頃は今考えると夢のようですが
あちこちにブルーベリー畑があって仕事の帰りに
ぶらっと自転車で畑に寄って入り口で
畑の持ち主にバケツを借りて帰りには
ベリーをはかりにかけてもらった後
小銭を払って重いほどのベリーを家に帰ってご飯のように
毎日食べていました。
そういえば、毎日お腹をちょっと壊すほど….!

ベリーを青空の下で摘むというのはなんとも幸せな気分で
知らない人達も、一緒にベリーを摘みながらあ〜、なんて平和で楽しい気分なの!
心が洗われるね〜〜!なんてよく口にしていました。
世界中どこに行っても人が自然に包まれる安堵感や幸福感は
きっと変わらないんでしょうね。

今回はたまたま出かけて行った先で珍しく
たくさんブルーベリーが買えたので
久々のジャム作りにに挑戦! 
でも、あっという間にできてしまったので
一種類では飽き足らず
あれもこれも、なんでもいいやん!と思いつくものを次々と!
甘いもの苦手なので少々甘さ控えめのジャムに。
今回の一番のヒットはバナナキャラメルにラムを効かせたもの。
ココナッツクリームでキャラメルを作ったので
風味がとってもいいのです。
せっかく家で作るので甘さ控えめや色々なハーブやスパイスを
入れて楽しんでみました。
ブルーベリー摘みほどではなかったけれど
真夜中の台所で甘い香りに包まれてかなり
幸福度上がりましたよ。すこ〜しの分量だけでも、
ももや新生姜、一口トマトや梅でもとっても美味しいジャムができますので
この季節ならではの完熟の果物お野菜で!
皆さんも一度ぜひ幸せ気分を一緒に瓶に詰めてみてくださいね。

ジャスミンの花

IMG_9268ss IMG_9348ss IMG_9369ss
ジャスミンの花が満開。お茶の席でもよく出会うこの香り
小さなピンクのこの花が大好きです。そんなジャスミンの
花をテーマに今月のワークショップの告知写真を撮ってみました。
お花と文字どちらがメインかわからなくなってしまいましたが
植物とカリグラフィーの文字はとっても相性が良いと思います。
昔、写真撮影のためのお料理を作る仕事をしていました。
その時にはあのお皿、このお皿、街を探しまくったりもしましたが
今でも写真を撮るためにあーでもないこうでもないと
色々なものをアレンジするのが本当に好きだなぁ。と
思います。なんとなくそのワクワク感が伝悪かなと
思い撮影のプロセス写真を貼ってみました

CHECK AND STRIPEさんでの5月のワークショップのご案内はこちらです。
最近お目にかかっていない方もまた、一度お越しになって
ブラシアップしてみてくださいね〜。

 

神様に返す日まで。

image1(23) ラララララン!草むらに咲く小さな花も花開き
お茶も新茶が楽しめる季節。
風が心地よく心弾む季節ですね。
植物を手にとって描いてみたり
そんなことをしてみるのだけど
夜から明け方にかけて近所の野良ねこたちがミャ〜ミャ〜
求愛中でずっと寝不足が続いております
IMG_6343ss IMG_6366ss
ずっと眠くてなんとなく…もっと眠りを誘う
カピバラの動画にはまっています。
幼馴染にカピバラ見に行きたい!と誘うと
大阪城にもいっぱいおる。
という。大阪城にいるのはヌートリアで
ちょっと似てるけどカピバラじゃないですよ。
南米から毛皮を取られるために連れてこられて
繁殖してしまったそうですが,
どうも厄介者扱いされているみたい。
人間は勝手ね。
小さな花もお茶もカピバラもヌートリアも
つかの間神様から預かっているだけだから
神様に返す日まで大切に大切にしなければいけない。
そう。今日はErath Dayなり。

大阪城にいいるヌートリア↓
人家にも最近は出没するらしい。
お風呂場にいたりするらしい。来たらちょっと怖い。

nuts
カピバラの赤ちゃん。かわいい。
capy (キャピーと英語では言われている!) ↓
babycapy
めちゃ似てる!
むむ、幼馴染もそう外れてはいなかった。
ヌートリアは厄介者….カピバラカピバラは動物王国でお風呂に入ったりもしていた。
滝の打たせ湯みたいなの!
一体どこでこんなに差が出たんだろう?!
きっと何か被害を出しているんだろうけど
暖かい南米から拉致されて連れてこられてしまっただけなのに。
なんだかそれなら私は大阪城のヌートリアでもの方がいいなぁ。


…….とっても支離滅裂ですが….Happy Earth Day!!
偉大な地球に感謝する日です。
人間は本当に勝手な生き物。
まして私たちが戦争を起こすなんてとんでもないのだ!!

 

feel like pink

image1(22) image2(10) image3(12)image3(13)
ピンクな感じ?
この季節には気になる色….。普段はそうでもないのに。
ピンクの服とか着ないけど、似合う自分になってみたい。
最近、字を書く時はこの色をよく使っています。
チェリーレッド、これは向こうのインクだから山形のさくらんぼではなくて
チェリー イコール、アメリカンチェリー!な人が作った色ですね。

でもこの少し毒っ気のあるピンクや赤も大好き。
外の環境と自分の中はつながっていることを
実感させられる春に気になる色、ピンクです。
春は桜をはじめ日本中がほんのりピンクに包まれている。

春!

IMG_9024ss image1248ssm

桜もあっという間に咲き始め春もオフィシャルという感じです。
散る前に一度ぐらいはお散歩に行かなければ!

さて、4月の CHECK AND STRIPEさんでのワークショップの募集が始まっております。

しばらくはカリグラフィーのクラスを継続させていきたいと
考えています。
水彩画のクラスと交互にと考えていましたが
なかなかどちら付かずになり難しい面もありまして……。
水彩画のクラスを待っていてくださっている方がありましたら
他のクラス、自宅アトリエでのクラスなども
ご案内させていただきますのでcontactより
ご連絡くださいませ。

カリグラフィーのクラスに通ってくださる方々には毎回
絶対に何か習得してご自身の宿題として持って帰っていただけるように….!
なかなかこちらの思いをニュアンスを含めて伝えるのは難しいなと
痛感しながらすすめています。最近はお手本通りに、ここが太い
ここをもっとまーるく!と伝えるだけではエッセンス(本質的なこと)が
なかなか伝わらないので、そんなことよりも皆さんの中でイメージがふわっと膨らむような
言葉を見つけることがすごく大切で、その中から
今拾えるものを少しづつ集めながら文字を書いていただけたらな。
と考えています。
しかし、そうなると、これまた自分の語彙の少なさに
悲しくなってしまうこともしばしば……。

20年間も英語社会で暮らしてきた
私は日本語も英語も本当に半端!なのですが
英語には日本の学校では習わなかった素敵な表現や
英語ならではユニークな表現があって、
ま、とにかく語学大好きなので私の情熱も含めて
いろいろな文章や、フレーズ、それにまつわる
英語的な考え方や表現、習慣など文字と共にお伝えできればいいなと考えています。

色々やりたいことが膨らむ中
ずっとご出席下さっている方々も
だんだん上達されてきてそれには何よりも
エネルギー、補充させていただいております。
そんなこんなで、スキップしながらお家に帰りたくなる
ワークショップ、今月は4月27日、久々の方も
初めまして方も、どうぞよろしくお願いいたします!

貝母ゆり

以前ここにも書いた貝母ゆり
今年も運良く家に迎えることができました。というのも一年のうちほんの10日間くらいしか
このお花に出会うことができないので気を許すと
あっという間にその季節が終わってしまうからです。
本来色々なフリチラリアのファミリーが存在するようですが
良く知られているのは日本の貝母ゆりとそのうちの一種、
フリチラリアメレアグリスという
もの、どうやら元々はイランやトルコあたりのお花らしい。
image1(19)ss
百合と名前がつくとしっかりした大輪の花をイメージしてしまうのですが
私達が良く店先で見かけるようなのは
観賞用にずいぶん改良されたものでこちらはもっと可憐で
原種のヤマユリ近い山野草とされています。
image4(5)ss image6(3)ss
メレアグリスの魅力はなんといってもこの格子柄、
なんでこんな色になるの〜〜?と何度見てもじっと見入ってしまうのですが
山吹色の雄しべと花びらの深い紫がとても印象的。
このお花ファンは多いみたい。だって格子柄のお花なんて不思議じゃないですか?
image2(9)ss
image1(17)ss

↑白いのは日本の貝母(ばいも)はきよらかな印象の白。茶花としても良く活けられます。
今年は貝母だけで小さな花束を作って買いました。こちらはくるっとカールした葉先が
可愛い。我が家で長い間咲いてくれましたがもうそろそろお別れの時
が近づいてきたようです。ずいぶん心を癒されました。ありがとう!
記念撮影をして、数本は押し花にしました。その短い季節を終わろうとしています。